トップ > 脱毛の知識 > 光脱毛と毛周期の関係について

光脱毛と毛周期の関係について

初めて脱毛サロンでの光脱毛を検討されている場合、1度脱毛をすればツルツルの肌になると思われる方も多いかもしれません。 残念ながら光脱毛を1回受けただけでは、脱毛は完了しないのです。 光脱毛では数回から10回程度の施術を受けることでツルツルの肌になります。 脱毛効果の出方には個人差があるため、もっと多くの回数が必要になる人もいます。 これは光脱毛に限ったことではなく、レーザー脱毛の場合も同じです。

なぜ何度も施術を受ける必要があるかというと、毛周期に関係しています。 ツルツルのお肌にするには、毛周期が経過するのに合わせて何度か脱毛する必要があります。 毛周期について詳しく説明したいと思います。

人の毛というのは、生え始めてから成長し、やがて抜けて落ちていきます。毛が抜け落ちた毛根は暫くの間休眠状態となり、その後再び毛が生え始めます。このように成長初期、成長期、退行期、休止期を繰り返すのが毛周期です。
毛周期は毛根ごとにズレがあります。もしズレていないと、全ての毛がなくなってしまう期間ができてしまうからです。全体のうちの約3分の2が休止期にあると言われています。

光脱毛は毛の黒い部分に当たった光が熱エネルギーになることで毛根に作用し脱毛します。 そのため、成長初期や成長期の毛にしか効果がないのです。 退行期や休止期の毛には効果がほぼありません。 毛周期が経過して今まで休止期だった毛根から新しい毛が生えてきたら、それらの毛に対して光を照射して脱毛をします。 このようなことから全ての毛根に対して脱毛するには、何度も施術をする必要があります。

人の毛周期は約2~3ヶ月と言われています。毛周期には個人差があり、毛質や毛の生えている箇所でも異なることがありますので目安として考えてください。 脱毛サロンのプランでは多くの場合、1度施術をしたら次の施術までに2~3ヶ月の間隔をあけるのが普通です。 これは毛周期に合わせて効率的に脱毛するためです。 もし短い間隔で施術を行ったとしても、新しい毛が生え揃っていないと効果があまり出ないからです。 このように間隔を空ける必要があるため、光脱毛は完了までに1年から2年かかります。

光脱毛の施術を受けるとその日のうちに抜ける毛も少しはありますが、多くの毛は数日から2週間ほどで抜け落ちてきます。 このとき毛が一時的に無くなりますが、これはそのときに成長初期や成長期だった無駄毛だけです。 後退期や休止期だった毛根からは、毛周期が経過して長初期に入るとまた毛が生えてきます。 このタイミングで再び施術を行います。 前回の施術から期間を空けないと新しい生えていないため、いくら脱毛処理をしても効果がほとんど無いのです。 このように毛周期が経過するごとに脱毛処理をすることで、ムダ毛が徐々に細くなっていき、やがてはムダ毛のないツルツルのお肌になっていきます。

光脱毛は毛周期に合わせて行う必要がありますが、実はそれよりも短い間隔で行える脱毛法もあります。 それがハイパースキン脱毛という方法です。 ハイパースキン脱毛では直接毛根に働きかけ、毛周期に関係なく脱毛できます。 最短で約2週間ほどの間隔を空けるだけで次の施術が行えます。 肌へのダメージも少なく痛みもないので、肌の弱い人や3歳以上の子供でも脱毛が可能です。 このように良いことだらけのようなハイパースキン脱毛ですが、料金が高いというデメリットがあります。 特に肌が弱いというのでなければ光脱毛の方がコストパフォーマンスは良いです。 肌が弱い方の脱毛や、顔・VIOなどの痛みを感じやすい部分の脱毛などはハイパースキン脱毛がおすすめです。

初めて脱毛サロンでの光脱毛を検討されている場合、1度脱毛をすればツルツルの肌になると思われる方も多いかもしれません。 残念ながら光脱毛を1回受けただけでは、脱