トップ > 部位別に選ぶ脱毛サロン > 全身脱毛 > 全身脱毛のデメリット:日焼けができない

全身脱毛のデメリット:日焼けができない

脱毛サロンや美容クリニックで受けることができる全身脱毛は、ムダ毛が目立ちやすい手足を綺麗にできるうえに、自己処理が難しい背中やえりあし、VIOラインの処理ができるのが魅力です。さらにムダ毛の知識が豊富なスタッフが丁寧に処理を進めていくので、肌トラブルが起きにくいというメリットもあります。 ですが肌にレーザーを照射する全身脱毛では、日焼けができないので注意が必要です。何故なら、レーザー脱毛はメラニン色素に作用してムダ毛を処理していくからです。このメラニン色素はムダ毛に多く含まれている成分ですが、日焼けをして黒くなることでメラニン色素が肌の中に多く生成されてしまいます。このように色素沈着した部分にレーザーを当てると痛みが強くなったり、やけどをする可能性があるので注意が必要です。 日焼けをしているものの、どうしても脱毛がしたい場合は、光脱毛を選ぶようにしてみましょう。SSC方式やSHR方式やメラニン色素とは別の方法でムダ毛を処理していくので、肌を傷つける可能性が少なくなるからです。
脱毛サロンや美容クリニックで受けることができる全身脱毛は、ムダ毛が目立ちやすい手足を綺麗にできるうえに、自己処理が難しい背中やえりあし、VIOラインの処理ができ